中高一貫校入学前の勉強計画を立てスタートダッシュ、毎日の学習習慣を身に付ける

英語の先行学習

私立中高一貫校では、学年に数人は帰国子女が入学することも珍しくありません。

特に英語圏で生活していた生徒と予備知識がゼロに近い生徒とを比べると、大人と幼稚園児くらいの学力差がありますし、公文式や英語塾に通っていた生徒の中には既に英検準2級・2級を小学校時代に取得している生徒もいます。

このような生徒と一緒に英語をスタートするのですから、まごまごしているうちに取り残されている生徒もでてきてしまいます。

そうならないために、入学前に最低でもアルファベットを正確に書ける、発音できる、大文字と小文字をすらすら書ける、身近なものを英語で書ける、発音できるようにトレーニングしておくことが大切です。

中学校から初めて英語を勉強する場合も学校の授業の復習と予習をしっかり行えば必ず力は付きます。

ラ・サール中学校や久留米大附設中学校では中学生で英検準2級、高校入学後、1年生の間に半数以上が英検2級に合格します。

中には中学1年生の授業から英語を始めた生徒でも高校1年生で英検1級に合格するケースもあるので、学校の授業レベルの高さと一人で勉強する学習習慣の賜物だと思います。

終わりに、毎日の学習習慣を身に付ける

大手進学塾の模試でトップ層にいた生徒は、入学後も同じ顔触れが並びます。

しかし、1年経ち、2年経ちするころにはコツコツと予習中心に毎日学習を行っている生徒が上位層へと食い込み定着することも珍しくありません。

逆に入学時トップ層だった生徒でも、中学受験と同様に平日は夜遅くまで、休日は10時間をテスト対策に取らなければ、あっという間に落ちていきます。

最新情報をチェックしよう!