福岡県で中学受験をする意義・意味

福岡県で私立中学受験をする5つの意味とメリット

福岡県で中学受験をする

東京都では小学校の4人に1人が私立中学校を受験しますので、東京都の小学生の約25%が私立中学校に通う割合です。

福岡県で中学受験を経験する人はそれほど多くありません。

福岡県の具体的な数値は分かりませんでしたが、兵庫県8%、広島約10%といった数値から換算すると、福岡県の小学生の10人に1人程度が中学受験を経験する計算になります。

なぜ、福岡県では中学受験人口が少ないのか、その理由は次のとおりです。

公立高校の人気

福岡県は地域を区分けした学区制を採用しており、福岡県内は13学区に分けられています。

この各学区のトップ公立高校に進学して勉学に励めば、中学受験をしなくとも国立大学への合格は難しくないという背景があるからです。

特に福岡県公立御三家といわれる、修猷館高校、筑紫丘高校、福岡高校、その他、城南高校、明善高校、小倉高校など各学区のトップ校が高い大学合格実績を誇るため、中学受験で私立に入学する意向はそう高くありません。

福岡県公立高校トップの修猷館は医学部進学希望者のための医進クラスを設けて理科3科目の履修をサポートしているなど、医学部希望者に対応したカリキュラムも構築しています。

公立校も優秀な生徒を確保するために工夫を凝らしています。

 

そうすると、県内でも比較的に中学受験が盛んな福岡市内の小学校を除けば、私立中学校の受験をする生徒は、クラスに1〜3名程度というのが実情だと思います。

なお、最近は宗像中学校をはじめ、公立中高一貫校の受験生も一定数いるため、中学受験者の数は若干増えていると思われます。



なぜ中学から受験するの?

「なぜ中学受験をするの?」、「子どもに夜遅くまで塾通いをさせて可哀そう」「小学生のうちは遊ばせてあげないと」なんて、中学受験の事情を知らない同級生の親御さんや親戚から尋ねられたり、心ない余計な一言を言われることもあると思います。

しかし、そういった周囲の声に流される必要はありません。

次のとおり、中学受験をする意味はあると考えます。

  1. 大学受験を見据えた6年間のカリキュラム
  2. 学力へのリターン・学習の習慣化
  3. 受験環境の変化
  4. 実績と風土
  5. 建学精神・人間教育

大学受験を見据えたカリキュラム

1つ目は大学受験を見据えた6年間のカリキュラムです。

大学入試を見据えたカリキュラムで学習している学校も多く、中学校・高校の6年間で学ぶ内容を5年間で学び、残りの1年を大学入試の問題演習にあてることで、十分な受験対策の時間をとることができます。

 

学力リターン・学習の習慣化

2つ目は中学受験は大学受験に向けて大きな学力リターンがあるからです。

反抗期が始まる前(中学入学前後)から受験勉強を始めるのは、学習習慣をつける絶好のタイミングだと思います。

また、小学生時代に勉強に打ち込むことは学力へのリターンが目に見えて大きいことです

中学受験は公立の小学校で習うレベル以上の学習を徹底的にやり込むのです。

夏休みや冬休みは朝から晩まで徹底的に学習します。

ですから、中学受験勉強を経験した者と、していない者で比較した場合には、中学入学段階ですでに圧倒的な差がついています

その差は容易には縮まらず、学習習慣が身についている生徒が大学受験に向けた中高一貫システムで育成されるわけですから、並大抵の努力では追いつくことが難しくなります。

このように中高一貫校は大学受験に向けて圧倒的なアドバンテージを得ることが可能なのです。

福岡県で中学受験をする意義・意味
最新情報をチェックしよう!