2020年・令和2年九州・福岡県の私立中学校受験(入試日程)スケジュール

2020年・令和2年九州・福岡県の私立中学校受験(入試日程)スケジュール

2020年・令和2年の九州地区・福岡県の私立中学校の受験(入試日程)の1月前半に入試が行われる中学校について紹介します。

具体的には、令和2年1月5日入試の筑陽学園中学校をはじめ、弘学館中学校・久留米信愛中学校・福岡雙葉中学校・青雲中学校・筑紫女学園中学校・早稲田佐賀中学校・上智福岡中学校・西南学院中学校の入試受験情報を掲載しています。

受験情報は各学校のホームページを基に記載しておりますが、誤りがある可能性もありますから、各学校の募集要項を必ず参照してください。なお、各学校HPのリンクを貼っていますので画像をクリックしてください。

※1月後半に入試が実施される中学校の受験情報は↓↓

 




1月5日(日曜日)

筑陽学園中学校

筑陽学園中学校の入試情報
リンク先:筑陽学園中学校

 

四谷大塚80偏差値 データ無し

シリタス掲載偏差値 50

受験会場 

筑陽学園中学校

募集定員 

男女合計70名(専願・併願合計)

合格発表 

1月6日(月)

特記事項

  • 特待生制度あり(専願学特選抜試験合格者は施設設備費・授業料・教育充実費の全額を給付)
  • 太宰府市にある私立中学高等学校で福岡を代表するサッカー・硬式野球・テニスなどスポーツ強豪校です。
  • 上記のA日程とは別にB日程として、一般試験が1月18日に実施されます。こちらは合格者が男女合計10名を予定です。
  • スポーツ部門と文化部門で一芸(特能試験)が実施されるという特色があります。文化部門ではピアノやフルートの実技、スポーツ部門は野球・テニス・サッカー・剣道などがあります。
  • 入試学力的には中堅校としての位置づけですが、毎年、京都大学、大阪大学など最難関大学への合格実績があり、2018年は京都大学へ現役合格2名、大阪大学へ現役合格1名、九州大学へは14名が合格、2019年は一橋大学1名、九州大学4名、佐賀大学26名、長崎大学12名、その他国公立大学合格者は合計132名と高い合格実績を誇ります。
  • 中高一貫コースは「ハイレベルクラス」と「レギュラークラス」に編成され、ハイレベルクラスは学特選抜試験合格者を中心に編成したクラスであり、難関国公立大・私立大への現役合格を目指します。

 

1月6日 (月曜日)

弘学館中学校

佐賀県の弘学館中学校の入試情報
リンク先:弘学館中学校

 

四谷大塚80偏差値 データ無し

シリタス掲載偏差値 60

受験会場

  1. 佐賀県 弘学館中学校
  2. 福岡県 福岡国際会議場
  3. 熊本県 学校法人大原学園熊本校
  4. 沖縄県 沖縄産業支援センター

募集定員 

男女合計135名(専願・一般合計)

合格発表 

1月9日(木)12:00(Web上の合否発表専用サイトにて令和2年1月12日(日)23:59まで掲示

入寮可(男女)

中学女子は原則通学ですが、希望者は入寮可能です。福岡市からも高速バスによる通学は可。

特待生制度あり

第1種特待生の場合の特典

入学金、入寮準備金、学校月納金の一部(32,000円/月額)、月寮費(男子29,000円・女子33,000円/月額)を免除(第1種特待生のうちでも殊に優秀である者については免除額が拡大されます。※合格通知書に同封されています)。
 
また、一般的には入学準備金の納付日が定まっており、期限までに納付しない場合には、入学辞退扱いとなるところ、第1種特待生の場合には入学意思を表明する期間が延長されるのが特徴です。
ただし、特待生に選ばれるのは、第1種・第2種併せて合格者の上位30名~50名と言われており、ラ・サール中学校や久留米大附設中学校を第一志望校として合格できる生徒が大半を占めますので、第1種特待生の入学者は実際のところ数名程度という話です(入学者の中から繰上げて特待生を指定することはないようです。)。

特記事項

東大合格者は1999年に最高33名、2006年までは二桁合格が続いていましたが、2007年以後は二桁合格がなく、2018年は1名、2019年は2名が合格しました。旧帝大医学部の合格は少ないものの、地元の佐賀大学をはじめ、例年20名前後が国立大医学部に合格しています(2019年は佐賀大に12名、長崎大2名、山口大・高知大に各1名その他、合計21名が国公立大医学部合格)。

県内に同じ私立中学校の早稲田佐賀中学校や東明館中学校、佐賀市内からは久留米大附設中学校や福岡市内の福大大濠中学校に通学できることから併願する受験生は多いです。

1月7日(火曜日)

久留米信愛中学校(A日程)

久留米信愛中学校の入試
リンク先:久留米信愛中学校

 

四谷大塚80偏差値 データ無し

シリタス掲載偏差値 57

募集定員 

90名(AB日程合計:医系進学コース25名、国際ASコース65名)

合格発表 

1月8日(火)

特記事項

  • 特待生度あり
  • 入試がA・B日程と分かれており、B日程は2月1日に行われます。3教科試験と4教科試験に分かれており希望制です。面接試験があり受験生と保護者の方で行われます。
  • 久留米信愛中学校は2018年に女子中学高等学校から共学化しました。
  • カトリック精神を基盤とする教育理念の上に立ち、生徒の全人格的陶冶を目指す教育理念に基づいた中高一貫校。「医系進学コース」と「国際ASコース」を開設し、特に医系進学コースでは医歯薬学部を中心とした国公立理系学部入試に対応したカリキュラムが策定されています。



福岡雙葉中学校

福岡雙葉中学校の入試情報
リンク先:福岡雙葉中学校

 

四谷大塚80偏差値 データ無し

シリタス掲載偏差値 55

受験会場 

福岡雙葉中学校

募集定員 

女子約100名(FB・GC・GCIコース)

※出願書持参申込みの場合1月6日(月)午後まで申し込み可。

合格発表

1月8日(水)

特記事項

  • 入寮不可
  • 入試はA選考(4教科)とB選考(国語・算数・英語の3教科)に分かれている。
  • GCコース希望者はB選考入試での受験。受験資格:CEFR A2(英検準2級等)レベル以上
  • 進路に合わせた学年別のクラス編成があり、新設されたGCIコースでは、中学終了時までに全員英検2級取得を掲げて高度な英語教育が行われています。
福岡雙葉中学校のコース
リンク先:福岡雙葉中学校

 

  • カトリック教育を理念とした人間形成を目指し、英語教育に力を入れて国際コミュニケーション能力の強化を目指しています。H27~31まで国際的に活躍できるグローバルリーダーの育成を重点的に行う高校を文部科学省が指定する制度SGH(スーパーグローバルハイスクール)に指定されました。
  • 宗教教育及び行事が年間を通してカリキュラムにあります(創立者記念ミサ、聖母月ミサ、平和祈念ミサ、キャンドルサービス:みことばの祭儀等)
  • 国公立大学への合格実績(2019年は九州大学7名、佐賀大6名、長崎大3名、熊本大3名、お茶の水女子大2名など合計31名)もさることながら、豊富な指定校推薦枠がある点も魅力の学校です。2018年は58%の生徒が私立大学(早稲田・上智・明治・青山学院大学等)へ推薦入試による進学を果たしています

 

 

1月11日(土曜日)

青雲中学校

長崎県・青雲中学校

リンク先:青雲中学校

 

四谷大塚80偏差値 54

シリタス掲載偏差値 62

受験会場

長崎県青雲中学校、福岡市、那覇市で実施

※詳細の募集要項がHPに掲載されておりませんので、受験者の方は募集要項を参照してください。

特記事項

九州御三家の難関校の一つです。長崎・佐賀県の受験生は第一志望校としているケースが多く、東大への合格者を毎年10名前後、2016年には13名、2017年9名、2018年7名、2019年6名が合格するなど高い合格力を誇ります。

また、国立医学部への合格実績も高く地元長崎大学医学部へは毎年10名以上、2019年は九州大2名、長崎大10名、大分大2名、佐賀大5名など合計30名(2018年は42名)の合格者を輩出し、国立大学医学部への進学実績は素晴らしいものがあります。

国公立大学全体の合格者は141名に上り、早稲田大学、慶応義塾大学をはじめとする難関大私立大学の合格者も多いです。東洋経済オンラインが発表「医学部進学に強い高校」ランキングTOP100の中で青雲高校は全国14位に選出されました。

男子のみ入寮

中学1年生から高校1年生までは4人部屋、高校2年生と高校3年生は個室になります。

その他

合格通知ととも送られてくる資料の中に同校の楽しさや充実した学校生活が送られている旨が記載されている在校生からのメッセージが同封されていました。

 



1月13日(月・祝)

筑紫女学園中学校

筑紫女学園中学校の入試
リンク先:筑紫女学園中学校

 

四谷大塚80偏差値 41

シリタス掲載偏差値 56

受験会場 

筑紫女学園中学校

募集定員 

140名

合格発表 

1月15日(水)インターネットで合否結果を確認することができます。
(令和2年1月15日(水)午前9時〜1月16日(木)午前11時まで。http://www.gouhi.com/chikujo/

特待生制度あり

アカデミック特待(入試特待:原則入学後6年間に渡り、授業料と施設費が給付)とプログレス特待(学業特待:学年終了時点で人物及び成績が優秀な生徒、原則1年間に渡り月額2万円給付)があります。

特記事項 

  • 浄土真宗の教えに基づく充実した女子教育を施し、社会で活躍できる人間力豊かな女性育成を目標に掲げています。福岡市内にあり交通アクセスの良い人気女子校で、高校生を合わせると1500名を超えるマンモス校です。
  • 中高一貫コースの生徒は高校以降も高校から入学してきた生徒とはクラス編成は混ざらずに中高一貫コースのみで編成されます。以下がクラス編成の図になります。
筑紫女学園中学校のプログラム
リンク先:筑紫女学園中学校の教育プログラム

 

中学2年次以降は進級時にクラス替えを行い、中学3年次からは成績上位の2クラスを「特別選抜クラス」「選抜クラス」として編成します。常に高い学習意欲を維持するシステムです。

進学実績については、2019年は京都大学2名、大阪大学1名、九州大学11名など国公立大学の合格者は72名、国公立・私立大医学部医学科の合格者13名という合格実績を誇りますが、高校は一学年400名以上の母数となります。勉学のみならず、部活動の実績も高く、文武両道を目指せる学校です。

 

早稲田佐賀中学校(1月入試A日程・B日程)

早稲田佐賀の入試情報・受験
リンク先:早稲田佐賀中学校

 

四谷大塚80偏差値 51

シリタス掲載偏差値 62

【A日程】

受験会場 

  • 早稲田佐賀中学校 
  • 名古屋市、首都圏

募集定員 

  • 九州入試約80名(1月入試AB日程及び2月入試の男女、専願・併願合計)
  • 名古屋、首都圏入試約40名

合格発表 

1月17日(金)10時00分

【B日程】1月19日(日)

試験日 

1月19日(日)

受験会場 

  1. 早稲田佐賀中学校
  2. 福岡会場
    福岡天神センタービル8F
    (TKPガーデンシティ天神)
  3. 北九州会場
    北九州国際会議場
  4. 熊本会場
    朝日新聞第一生命ビル9F
    (TKP熊本カンファレンスセンター)

合格発表 

年1月22日(水)10時00分

入寮

可(男女)中学1年生から高校1年生までは4人部屋での生活が基本となります。男子寮・女子寮にそれぞれに保健室が設置され、急病に対応できるようにしています。なお、入学時において原則として次のエリアに居住している生徒は入寮できません。

佐賀県・佐賀県唐津市・佐賀県東松浦郡玄海町・佐賀県伊万里市・佐賀県多久市・佐賀県小城市・福岡県糸島市・福岡県福岡市(西区、早良区、城南区、中央区)

特記事項

2月入試が実施され、九州入試、首都圏入試合わせて10名程度です。1月入試(AB日程)合わせると一度不合格でも再度チャンスがあるというのは気持ちに余裕が生まれます。

ただし、AB日程を同時に受ける場合は受験料が2倍必要になるのは覚悟しておきましょう(A日程で合格した場合は所定の手続を踏むことで返金されるようです。詳しくは学校に問い合わせください)。

早稲田大学の系属校として、入学定員(高校240名)の50%を上限とする推薦枠を設定しており、2018年は110名の生徒が、2019年は109名の生徒が推薦により早稲田大学へ進学しました。最近は国立大学や医学部進学も増えたようです(2019年は13名(過年度生8名含め)が国公立大学医学部合格)が、早稲田大学への推薦枠が多い点は魅力の一つです。

したがって、将来、わが子をどうしても早稲田大学へ進学させたい関東エリアの親御さんは、早稲田高校や早稲田実業より10ポイント以上偏差値の低い早稲田佐賀にわざわざ入学させて早稲田大学への推薦枠を狙います。

現に中学校在校生の出身エリアを見ると、2018年では、東京都73名、神奈川県17名、千葉県19名、埼玉県5名の合計114名と多く占め、高校生になるとこの4県の生徒は156名に上りました。

九州の私立中学校の中でこれほど関東エリア出身の生徒が多い学校は珍しいと言えます。

関東エリアにおける「早稲田ブランド」がいかに魅力的であるかということです。

早稲田佐賀中学校は、中学受験の専門サイトや雑誌において早稲田大学を推薦で狙うための裏技的な学校という視点で見られることが多く、九州以外のエリアの保護者からすると「お得な」学校とされています。

 

1月14日(火曜日)

上智福岡中学校

上智福岡中学校の入試・受験日程
リンク先:上智福岡中学校

 

四谷大塚80偏差値 データ無し

シリタス掲載偏差値 56

受験会場 

上智福岡中学校

募集定員 

160名(男子80名、 女子80名)、寮の設置が無いため保護者の下から通学できることが前提。

合格発表

1月16日(木)※発送日(郵送及びHP掲載)

特記事項

泰星中学高等学校から平成23年に上智福岡中学高等学校へと変わり、翌年には共学化されました。学校は福岡市内にあり交通アクセスは良好で、中堅難関校の一つとして高い人気があります。

キリスト教の精神に基づく教育理念を掲げている上智中学校は共学化とともに多彩な進路に対応した柔軟な教育プログラムを展開し、少人数制のメリットを生かした指導が行われています。

学校名の冠である「上智大学」から教授陣が赴き出張授業・公開講座が行われたり、英語に長けた上智大学の学生が来校して英語指導を行うサマーティーチングプログラムなど上智大学と一体化したことによるメリットを受けています。

ただし、上智大学への特別推薦者は2017名18名、2018年31名、2019年22名となっており、一定の成績を修めることができた生徒しか推薦入学ができません。早稲田佐賀中学高等学校のように推薦枠が50%と拡大することで学校の魅力が相当増すのではないかと思います。

上智大学のブランド力調査では首都圏において、東京大学、慶応、早稲田に続いて4位という人気ぶりなのですが、残念ながら九州在住ではそこまで上智大学の魅力が保護者側に伝わっていないというのが実情だと思いますし、寮の設置が無いため早稲田佐賀のように九州以外から生徒を獲得できないというのが厳しいところだと思います。

しかしながら、上智大学を除く他の大学への合格実績は、2019年は京都大学2名、大阪大学1名、九州大学5名、一橋大学1名など国公立大学の合格者は35名と前年21名から大きく伸ばしました。

また、国公立・私立大医学部医学科の合格者は前年5名から21名と大きく実績を伸ばしています。

高校からの生徒募集は行われておらず、完全中高一貫校です。福岡県の中堅的位置付けの私立校でありながら上智大学への特別推薦進学が可能である点を考慮すれば是非受験を検討したい一校です。




1月16日(木曜日)

西南学院中学校

西南学院中学校の受験・入試情報
リンク先:西南学院中学校

四谷大塚80偏差値 53

シリタス掲載偏差値 61

受験会場 

西南学院中学校

募集定員 

160名(男子約80名、女子約80名)※寮の設置が無いため保護者の下から通学できることが前提。

合格発表 

1月18日(土)午前9時(合否はHP特設サイトに「受験番号・生年月日」を入力することで確認可)

特記事項

バプテスト連盟の宣教師「C・K・ドージャー」により設立された歴史ある九州を代表するミッションスクールです。毎朝8時30分から礼拝が、毎週火曜日の1限目に中学生全員がチャペルに集い礼拝を行います。

自主性を重んじる自由な校風でのびのびとした6年間を過ごすことができますが、保護者にとっては「もう少し厳しい指導を」と望む方もいらっしゃいます。

福大大濠校とは近隣であり、偏差値も同じくらいであることから、ライバル校として位置付けられています。

福岡市営地下鉄「西新駅」7番出口より徒歩約6分とアクセスが良好で福岡市又はその近郊から通学がしやすく、大変な人気校です。福岡県の中では難関校の一つとして位置付けられ、同校を第一志望校として毎年1000名近くの小学生が受験します(2019年は1242名、2018年は993名。昨年は前年より約250名増加)。

大学合格実績は、例年、九州大学に30~40名程度合格しています(2019年28名、2018年25名)、西南学院大学の合格者は2019年は147名でした。また、国公立・私立大医学部医学科の合格者数は20名です。



最後に

中学受験は中堅校から最難関校まで複数の学校があります。

複数の学校を受験されることになると思いますが、願書受付日・入試日・合格発表日・入学申込金納付日など期限を一日でも遅れてしまうと受験する機会や合格したのに入学できないという事態に陥ってしまいます。

複数の学校に合格した場合には、どの学校にいつまで納付をしなければならないのか、合格発表日まで待てるのか、それとも先に振り込まなければならないのかもカレンダーに「合格発表日・振込期限」を書き入れることを強くお勧めします。

※1月後半に入試を迎える中学校の入試日程は以下のカードをクリックください。

 

 

(関連記事:試験当日の過ごし方)

中学受験に参考となるブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ
にほんブログ村




入試日程カテゴリの最新記事