中学受験・集団塾と個別指導塾の違い

中学受験・集団塾と個別指導塾の違い

中学受験には大きく分けて個別指導塾と集団塾があります。個別指導塾はマンツーマンだったり講師が2人の生徒を同時に見るといった特徴があり、集団塾は10名以上の生徒に授業を行いカリキュラムを進める学校型です。

どちらが良いのかは考え方によります。それぞれに長所と短所があるので、それらを利用するお子さんに当てはめて考える必要があり、お子さんごとの塾や講師との相性もあります。

個別指導塾の特徴

個別指導塾は家庭教師と同じようなマンツーマンレッスンになりますから、生徒の理解度や進捗状況に合わせた柔軟で最適な指導をすることができるとという点がメリットです。保護者の要望も受け入れやすく、生徒の理解が不十分だったり、つまずいた分野があれば、立ち止まって繰り返し時間を掛けて学習することが可能になります。

したがって、お子さんの苦手分野や弱点の発見から学習スケジュールを組みたい方、お子さんの進捗状況に合わせてマンツーマンで学習させたい方、大人数の中に埋もれるおそれがあるお子さんの場合には個別指導塾の特徴はメリットになります。

Sponsored Link

また、オーダーメイドに近いため、中学受験とは直接関係ありませんが、弱視児童や発達・学習障害を抱えた生徒の特徴に合わせて学びやすい環境作りに適しています。加えて、講師に質問しやすくアットホームな中で学びやすい環境が整っていることもメリットです。




短所としては、競争相手が塾のように身近にいないので、高い意識を自らが持ってモチベーションを維持・向上させなければなりません。

また、指導する講師の質や相性も不確定であることはデメリットと言ってもよいのかもしれません。講師を選択できるのであればよいですが、大学生のアルバイト講師を多用する塾は、講師も学生であるために都合による変更や入れ替わりがあることも考えなければなりません。中では、レベルの高い講師に巡り合い、相性が良ければ成果を期待できる可能性もありますが、そうでない場合は振るわないこともあります。

集団塾の特徴

進学塾は集団で講義をすることが基本となりますので、徹底的に訓練されたプロ講師の指導を期待できることはメリットと考てよいでしょう。大手の進学塾がこの形式を採用しており、各教科によって専門講師を養成してハイレベルで質の高い授業が展開されます。

また、受験に関する情報量や過去のデータが非常に豊富であり、各中学校の試験傾向を熟知しているため、本番さながらの質の高い模試を受けることができます。その模試結果を反映させた志望校の合否可能性を示すデータの精度も非常に高く、生徒の合格可能性や受験生の中での立ち位置が分かりやすいのも集団塾のメリットと言えます。

塾の中では友達もできるでしょうし、競争相手もいますから、モチベーションが保ちやすいという点もメリットと考えられます。

その代わりに、個々のレベルに対応した講義とはなりにくく、レベルが違うと分からないということがあったり、逆に既に知っている内容を教わることにもになりますので、時間の無駄になるということも考えられます。つまり、個別指導塾ほどの個々のレベルにあった最適なレッスンは難しいということが進学塾のデメリットとなると考えられます。ただ、塾によっては、成績別にクラスを編成するなどして効率の良い学習環境を作るなど工夫を図っている進学塾もあります。

(参考記事)

【中学受験】進学塾(集団)に向くのはこんな子

最後に

このように、個別指導塾と集団塾では長所と短所がそれぞれにあるので、こちらが必ず良いという比較はできません。お子さんの性格や塾・講師との相性もあるでしょう。

また、保護者の勤務形態(送迎の関係で共働きか、専業か)などの家庭環境や塾までの距離、学校との関係や居住地などによっても選択は変わってきますので、それらを考慮の上で体験授業を受けることをお勧めします。

個人的には、久留米大附設中学校やラ・サール中学校などの難関校を志望校に見据えるのであれば、中学受験に関する情報量が豊富で実績のある英進館・全教研・森田修学館・日能研などの大手進学塾に通うことが効率的で近道だと思います。しかし、これらの塾が自宅近くにない場合でもオープン模試など通塾生以外を対象とした試験を活用して立ち位置を知ることが大切です。

進学塾/費用(塾・受験費)カテゴリの最新記事