中学受験のために進学塾に通うメリット

中学受験のために進学塾に通うメリット

中学受験のために進学塾に通うメリットとして、同じ目標を持った友達ができるという事があります。同じ目標を掲げているので、話も合いますし、競いながら楽しく出来るという点がこのメリットと言うことが出来るでしょう。



同じ境遇の仲間がいるメリット

同じ目標を持ち、同じような境遇の仲間といることによって、自分のいる場所(居場所・立ち位置)を確認できるので、受験勉強という競争社会に身を投じながらも、安心できるという点がメリットと言えるでしょう。中学受験のために進学塾に通うメリット

身近なところに競争相手がいるかいないかで、「やる気・モチベーション」という点で大きな違いが出てきます。マラソンをしている時に、横に競争相手がいたり、目の前を走っている人がいると、最後まで諦めずに走ることができますし、自然とスピードが上げられるという精神状態になるということは保護者の方なら経験したことがあるはずです

人は状況によって大きくモチベーションが左右されるところがあって、身近に競争相手がいることで、自分も負けていられないと最もモチベーションを上げることに繋がります。自分の努力が比較できる対象が身近にいることで、結果を出せば努力が報われたことが実感できますし、不本意な結果に終われば努力が足りないことを痛感して頑張らなければならないことを子どもながらに肌で感じるのです。

集団心理の利用

今はネットという大きな情報共有源がありますが、ネットの場合は競争相手が見えないという欠点があり、自分の努力がどれぐらいのものなのかが良く分からないというところがあります。しかし、友達が競争相手ということになると、これは明確な比較対象になるので、自分がどれぐらいの状況にあるのかが友達を通して明確に認識できるため、一人で勉強するよりもモチベーションが高まります。

この効果を進学塾では利用しています。人は一人で孤独に勉強するというのはとても難しいことです。明確な目的意識があって、努力をすればそれを達成できるということは分かっていても、確信がなければ孤独に努力を続けることはできないといっても良いでしょう。それぐらいに人は弱いモノでもあるのです。ですが、同じ境遇にいて同じ目標を持つ競争相手が身近にいることで、一日10時間以上の学習にも耐えられる集中力と精神力と忍耐力を身に付けることができるのです。

中学受験のために進学塾に通うメリット

たとえテストの結果が振るわずに友達よりも劣っていると実感しても、友達が出来るのであれば自分も出来るようになると考えるようになります。つまり、人は目の前で、仲間の成長していく姿を目の当たりにすると、その仲間の姿に「自分もできるようになる。次は自分の番だ」という成長する自分の姿を重ねて見ているのではないかと思います。それがモチベーションに繋がり、合格への強い気持ちにも繋がっていくものだと思っています。

(関連記事)

進学塾の成績別クラス・成績順の座席を反対しても意味がない

にほんブログ村

進学塾/費用(塾・受験費)の最新記事8件