男子校・女子校・共学校のメリット・デメリット

【中学受験】男子校・女子校・共学校のメリット・デメリット

私立中学校には男子校、女子校、共学校があります。福岡県では、久留米大附設中学校と福大大濠中学校が男子校から共学化するなど少子化の影響を受けて学校の発展を考える上で共学化は避けられないテーマになりつつあります。

それぞれにカラーが異なり、どのような選択をするかで中高の6年間はかなり異なったものになります。

共学だった小学校から共学校へ進学する場合にはさほど違和感はないかもしれませんが、中学から男子校、女子校へ入学する場合には多かれ少なかれ戸惑いがあるはずです。

 

男子校の特色

男子校は教師も男性が多く、男子校ならではの大らかさとダイナミズムがあります。体育祭などを見に行ってその雄々しい姿に憧れる男子も多いようです。

高校生になると男子校を選んでしまった自分の選択を後悔する子もいるようですが、女子の目を気にすることなく男臭く、自由気ままに過ごせる男子校ライフはなかなか快適なようです。この点は大きなメリットでしょう。

福岡県内では東福岡自彊館、中村学園三陽が、鹿児島県のラ・サール中学校はかつては御三家として名を馳せた有名な男子進学校です。

 

中学生の思春期前後の男の子は、同級生の女の子にどう見られるかが気になって一歩踏み出すことを躊躇して無難な道を歩もうとする傾向があります。

 

これが男同士だと自由奔放で無謀な行動に出て、一歩踏み出すことに迷いがなくなります。

この一歩を踏み出すチャンスがあることは人生において非常に大きいと言えます。

以前のような「男らしさ」を男子校に求めるのではなく、最近はおとなしく控えめな性格の男子生徒が男子校を選ぶということも多いようです。

父親が男子校出身の場合は、息子を母校に入れたいと考える傾向があるそうです。

 

学校以外に女子との交流がないことで女性に対する苦手意識を持つことがデメリットと言えるでしょう。

しかし、内閣府の行った調査結果では共学校出身者との比較においては婚姻率には大差がないことが分かっていますので、それほど心配することはないと思います。

 

女子高の特色

女子校は制服の可愛らしさや校舎やカフェテリアの綺麗さなど、ハード面に惹かれるケースも多いものの、実際に入ってみてその校則の厳しさに驚いたり、女子校独特のノリや友人関係に戸惑う女子もいるようです。

しかし、いったん慣れてしまえば一生の友人を得られたり、男子に頼らず全て自分たちでやってしまう逞しさが身につくなど大きな成長が期待できます。

 

福岡県内では、筑紫女学園、福岡雙葉、西南女学院、中村学園女子など代表的な女子中高一貫校があります。

 

会社でコピー機に不具合が生じたら、男性社員にヘルプを求めるのが共学出身者で、自分で直そうとするのが女子高出身者などと共学出身かどうかを見分けるたとえ話として言われるのは男性に頼らない自立心の表れなのかもしれません。

 

また、女子中高6年間では、生徒会長も、学級委員も、クラブの部長も、体育祭や文化祭の実行委員もトップは当然ながらすべて女子が務めますので、こうしたリーダーの経験、人任せにしないでチャレンジする経験があるのと無いのとでは、社会に出てからも違いが出ると言われています。

 

リーダーシップが強い女子が多いのが女子校の特徴の一つであり、女子校のメリットとも言えます。

また、女子は理数系が男子生徒に比べて苦手な傾向にあります。別学の強みを生かしたカリキュラムが組めるのも女子校のメリットの一つです。

 

本人と親の希望が一致している場合はいいのですが、本人は「絶対に共学がいい!」、親としては「できれば女子校に入れたい」など意見が分かれることもあります。

 

どちらがいいのかは実際に通ってみなければ分からないため、いくら考えても答えはでないものです。

どうしても女子校がいい、共学でなければ嫌、などのこだわりがなければ、あまりその辺りにこだわらずに学校選びをしてみると良いのではないでしょうか。

最後に

私立中高一貫校に何を第一に求めるかによって異なるかもしれません。中高6年間の思春期を子どもを恋愛から遠ざける、異性の存在や恋愛感情は向学心の邪魔になるので排除して、勉強に集中する環境を作るという意味では男女別学に限るという考え方もあります。

 

一方で、同性・異性関わらず多様な価値観に触れる機会を得ることから共学校に進学させたいという考え方もあります。

共学校のメリット・デメリットは男女別学のメリット等の裏返しであり、どちらが良いかというのは、一つの物差し(価値観)だけでは測れないのが現実でしょう。

当然に6年後の大学進学を見据えて日々勉学に励むことは学生の務めであり重要だとは思いますが、それだけではない充実した学校生活を通して多様な価値観に触れて視野を広げる、コミュニケーション能力を高めることは社会に出ても必ず役立つものだと思います。

子どもを共学校に通わせるか男女別学校に通わせるかは、親の価値観で決められるわけではなく、複数の観点から検討する必要があるものです。

 

そうして共学・男女別学について深く考えを進めていくと、わが子にはどのような大人になってほしいか、大きな意味でのご家庭の教育方針も改めて見つめ直すことになりそうです。

実際に学校に通うお子さんとも話し合って、お子さん本人がどのような学校を希望しているか、きちんと聞いてあげてください。実際に志望校の文化祭や体育祭に行って雰囲気を知ることで、学生に数年後のわが子を重ねて見ることができ、きっと安心できると思います。

 

参考になる中学受験ブログがいっぱいあります!
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村