【中学受験】国語力と読書量の関係

【中学受験】国語力と読書量の関係

中学受験における国語への取り組みは漢字学習と文章読解が大きな二本柱です。国語は苦手な子にとってはなかなか点数の取れない厄介な科目です。他の教科はある程度できるのに、どうしても国語だけ点数が伸びないという子も多い上に、どうやって勉強すればいいか分からないと悩む保護者の方もたくさんいます。

Sponsored Link

たしかに国語は、勉強という勉強をしなくても何となく点数が取れてしまう科目でもあるため、正しい勉強方法が分からないのも頷けます。また、難関校特有の長文読解に対応できない子も多いので、どのように国語力を身に付ければいいのか、読書量という視点から考えていきたいと思います。

読書量の多い子

もともと読書が好きな子の場合、国語はさほど苦労しない傾向があります。学年を超えて難しい本を読む子にとっては未知漢字への慣れ、文脈から想像力を掻き立てながら読む力が少しずつ少しずつ身に付いていきます。受験国語は難関校になればなるほど、長文読解が必要になります。こうした長文に対しても読書量が豊富にある子の方が読解力が優れており、問題への対応力があるのは言うまでもありません。読書量の多い子のメリットとして、国語だけではなく、他の教科の問題文を読む(読解力)のにも抵抗がなくなります。難関校の問題は問題文自体が複雑なため、読解力が非常に役立ちます。これは読書をしている子のほうが、圧倒的に有利です。この読書が培う読解力というのは、長い時間をかけて育成されるものであり、即効性や即席に促成できるものではないのです。中学受験を始めてからの読書の効用に速攻性を期待するなら、残念ながら期待どおりの成果は難しいと言わざるを得ません。

読書量が少ない子

一方で、どうしても国語の成績が上がらなくて苦労している子はあまり本を読まない子、読書量が少ない子が多いようです。読書に馴染みがない子にとっては、受験独特の長文に対する苦手意識を持ってしまうということが少なくありません。つまり読書と受験国語は密接に関係しています。国語力アップのためには読書がいい、と分かっていても読書の習慣のない子にとって本を読むということはなかなかハードルの高いことです。

世の中全体的に見ても読書をする人は減少しており、親ですら全く読書をしない人もいます。親が1ヶ月に1冊も本を読んでいないのに、子供にいくら「本を読みなさい」と言ってもあまり説得力がありません。そもそも受験期の子供にはゆっくり読書を楽しむ時間的な余裕などなく、その点も悩ましいところです。

そうすると、国語が苦手、読書が少ない子は進学塾での国語の解法訓練を徹底的に地道に繰り返し繰り返し行う以外に方法がありません。算数や社会と違って、長文で同じ問題が出題される可能性は非常に少なく、ほとんどの問題が初見です。塾から自宅に帰る時間など隙間時間を見つけて小説・論説など活字に慣れることで苦手意識を無くすことが必要になってきます。

幼少時の読み聞かせが大切

結論から言うと受験期にさしかかるまでにたっぷりと読書を楽しんでおくことが理想的です。中学受験をする、しないに関わらず、読書をする習慣をつけておくことは人生においての楽しみを増やす事にもつながります。そのためには幼少期から読み聞かせをしたり、図書館で一緒に楽しそうな絵本を選んだり、本に親しませる事が大切です。本を読む事は楽しいことだという経験をせずに育った子が、小学生になったらいきなり本好きになるという事は残念ながらあまり期待できないでしょう。

中学受験・国語力と読書量

理想としては幼少時から読み聞かせを毎日の日課として、小学生に上がってからは児童書を一緒に読む、中学年、高学年からは年間100冊以上を目標に語彙的に背伸びした内容の読書を続けることで着実に読解力を育成することができます。子どもに読書を勧める以上は親も読書をしている姿を見せるのが望ましいです。

最後に

受験科目のなかでも国語と算数は他の科目よりも配点を大きくする学校も少なくないことから、得点源になるように進学塾などで指導する解法、つまり「論理的に解く」方法を身に付け、それを実践して身に付けるための演習量をこなすことが必要になってきます。 国語の読解は、我流で何となく解いているうちは、いつか行き詰まります。

学校や図書館で読書量を増やしながら、並行して国語の論的な解法「正しい解法の道すじ」を学んで高校、大学受験にも通用する「国語力」を養成しましょう。

ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

にほんブログ村

勉強法カテゴリの最新記事