福岡県私立中学受験 志望校からの繰り上げ合格・追加合格の連絡を待つ

福岡県私立中学受験 志望校からの繰り上げ合格・追加合格の連絡を待つ

福岡県をはじめ九州各県では私立中学受験が始まりました。ほとんどの学校は1月中に入試が終わります。初旬に入試日を設定している学校と下旬に入試日を設定している学校は合格者の数が異なります。

初旬に入試日がある学校の合格最低点

比較的合格者を多めに取る傾向にあります。中には定員の3倍以上の合格者を出す学校もあります。ほとんどの受験生が複数の中学校を掛け持ちで受験するため、合格最低点を低目に設定して調整しているものと思います。

下旬に入試日がある学校の合格最低点

一方で1月下旬にある久留米大附設中学やラ・サール中学は定員より数十人くらい上の合格者しか出しません。特に昨年を除き、長年に渡り両校は同日受験だったため合格最低点は低めの傾向でしたが、昨年は入試日が異なったために多くの受験生が両校を受験できました。

したがって、久留米大附設中学は合格最低点が過去最高の302点(500点満点)、ラ・サール中学も190点(300点満点)と高得点に設定して調整を図りました。

※久留米大附設中学校は2018年入試の合格最低点を例年と同じくらいに下げたようです。昨年はラ・サール中学校との久々の異なる入試日で辞退者数が読めなかったということもあったのでしょうが、今年は昨年の辞退者動向を踏まえてということでしょうね。

Sponsored Link

繰り上げ合格の連絡がある時期

多くは合格者説明会の後に学校から連絡があります。ただ、これも「いつまで」連絡があるか確定的なことは分かりません。というのも、初旬から中旬に入試日を設けている学校、たとえば弘学館、青雲中学、福大大濠中学や西南学院中学は、下旬に入試日を設けている九州最難関のラ・サール中学や久留米大附設中学の残念組の受け皿となっている現状があるからです。

上記のとおり、この2校は合格者を少なめに出して、合格者説明会の出席者の数をみて追加合格を出すという手法をとっているため、いったんは不合格となった受験者が繰り上がりで合格することになります。

そうすると、福大大濠中学校や西南学院中学校を第2志望校としていた受験生の中から上位合格者が抜けますので、その抜けた数に応じて補欠合格通知を受けていた受験者が繰り上げ合格になるという流れになります。

久留米大附設中学、ラ・サール中学の追加合格・繰上げ合格

したがって、下旬に入試日を設けている2校の合格者説明会以降も繰り上げ合格の通知がある可能性はあります。

2017年は、久留米大附設の合格者説明会の当日に10名程度、翌日以降も繰り上げ合格の連絡が学校の事務局からありました。当日は自宅で待機して返答することが望ましいですが、不在の場合は願書に記載した保護者の携帯電話に連絡がありますので安心してください。

ラ・サールの場合は、久留米大附設に流れた合格者(追加合格者を含め)が数十名単位でいますので、その分を補充する形で追加合格を出しています。ラ・サール中学の場合には入学式まで合格者が集まる説明会はありません。ということは、辞退を申し出た人数によって追加合格を出すため、久留米附設中学の合格者説明会後にも追加合格者を出したのが2017年の状況です。

そうすると、確定的なことは言えませんが、少なくとも両校の合格発表もしくは合格者説明会後~2週間程度(2月下旬ころ)までは、福大大濠中学校や西南学院中学校の玉突きで追加合格・繰り上げ合格の連絡がある可能性が高いでしょう。

福大大濠中学校の場合

2017年は、福大大濠中学校の合格者説明会がラ・サール中学校の合格発表より先にあったので、特別教育費充実費を納め、制服や体操服の採寸・注文をしました。説明会では宿題として英語のテキストが配布されました。

結果的に福大大濠中学校には入学しなかったので辞退の連絡とともに同校から送付された振込口座の届出書を提出したところ、後日に上記20万円から英語の宿題テキスト代金が控除されたお金が返金されました。

注意点としては、必要な費用を入金にして入学手続きが滞りなく済んで入学が確定したら、進学予定だった第2志望校に辞退の連絡を速やかにしましょう。そうすることで、追加合格を待っている方に朗報が早めに届きます。

ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ
にほんブログ村
 

 

私立中高一貫校カテゴリの最新記事