2020年・令和2年九州・福岡県の私立中学校受験(入試日程)スケジュール【1月後半】

2020年・令和2年九州・福岡県の私立中学校受験(入試日程)スケジュール【1月後半】

2020年(令和2年)九州・福岡県の私立中学校受験、入試日程が1月後半に予定されている中学校の紹介を行います。

本記事では明治学園中学校・福岡大学附属大濠中学校・久留米大学附設中学校・鹿児島県のラ・サール中学校の入試情報について紹介します。

九州・福岡県の1月前半に入試が行われる中学校の入試情報は以下をクリックしてください。

 受験情報は各学校のホームページを基に記載しておりますが、誤りがある可能性もありますから、各学校の募集要項を必ず参照してください。

1月18日(土曜日)

明治学園中学校

 

明治学園中学校の受験・入試
リンク先:明治学園中学校

 

四谷大塚80偏差値 データ無し

シリタス掲載偏差値 54

受験会場 

明治学園中学校

募集定員

160名(男子80名、 女子80名)

合格発表 

1月21日(火)

特記事項

  • コングレガシオン・ド・ノートルダム修道会が運営するミッションスクールです。キリスト教の価値観に基づく教育が行われており、毎朝のお祈りや、毎授業前の立腰黙想があります。
  • 北九州市の名門中学校であり、文部科学省スーパーサイエンススクール指定校として2015年から5年間社会の変革に寄与するグローバルリーダーの育成にカリキュラムの開発や実践に取り組んでいます。
  • 北九州市で伝統ある名門私立中学校であり、難関国立大学への合格実績が高く、2019年は東京大学2名、京都大学1名、九州大学3名など40名が合格しています。また、国公立大・私大医学部合格者は合計62名(内過年度生44名)と高い合格実績を誇ります。医学部への進学を目指す北九州市内近郊のご家庭には魅力的な学校です。
  • 寮の設置が無いため保護者の下から通学できることが前提となっており、遠くは飯塚市や福岡市から通学している生徒もいます。

福岡大学附属大濠中学校

 

福大大濠中学校の入試
リンク先:福大大濠中学校

 

四谷大塚80偏差値 54

シリタス掲載偏差値 63

受験会場 

福岡大学附属大濠中学校・高等学校(校舎棟)

募集定員

160名(男子100名、女子60名)

合格発表

1月21日(火)9:00(HPにて発表、合格者には合格通知書の書類を郵送)

特待生制度あり

甲種奨学生(入学試験の成績及び調査書を考慮して成績・人物共に優秀な者)は、特別教育充実費および授業料相当額が給付されます。

特記事項

  • 福岡市中央区大濠にあり、交通アクセスが良く、近隣には大濠公園など自然豊かな立地にある人気の学校です。
  • 試験の特色として、男子と女子の合格最低点が異なります。例年、女子生徒の方が男子生徒に比べて約20点高い点数を取る必要があります。
  • また、国語と算数が150点満点であり、算数が勝負の分かれ道になるでしょう。昨今の大濠中学校の試験は難化しており、久留米大附設中学校に追い付きたいという学校側の思惑もあります。
  • 校風は元男子校ならでは「質実剛健」というイメージでしたが、女子生徒の増加や設備の整った新校舎の影響で徐々に雰囲気も変わってきています。ただし、校則は公立中学校・高校並みに厳しく、靴下や靴に至るまで指定されており、頭髪検査も定期的に実施されます。
  • 中高一貫コースは高校入学者とはクラス編成が異なり、6年間同じ顔触れで濃密な時間を過ごすことができるため、非常に生徒同士や先生との絆が強いことが魅力です。
  • 中高一貫コースのライバルは、平成10年度に新設されたスーパー進学コースであり、学校内で競い合っています。同コースは九州大学以上の難関国立大学合格をめざす生徒たちにより構成され、高校3年間を通じて他のコースと交わることなく、独自のカリキュラムにより学習が進められています。
  • 難関国公立大学の合格実績が高く、2019年は京都大学2名、大阪大学4名、一橋大学1名のほか、九州大学31名など合計174名に上ります。また、国公立大学医学部の合格実績もあり、2019年は九州大学5名、熊本大学5名、長崎大学3名など高い実績を上げています(ただし、高校の一学年は中高一貫コースや上記スーパー進学コース他と合わせると生徒数は500人以上と母数が大きくなるため、中高一貫コースの生徒のみの大学合格実績は分かりません。)。

 

1月25日(土曜日)

久留米大学附設中学校

久留米大学附設中学校の入試
リンク先:久留米大学附設中学校

四谷大塚80偏差値 66

みんなの中学校情報掲載偏差値 65

シリタス掲載偏差値 68

受験会場 

久留米大学附設中学校

募集定員 

160名

合格発表 

1月28日(火)(当日レタックスにより通知)

入寮可

男子のみ(中学生と高校生は別寮、中学生は4名1室)

特記事項

  • 九州エリア及び福岡県最難関校であり、入試問題は難問・奇問が多く採用され、過去問対策が立てづらい特徴があります。例えば、過去にあった「国語の聞き取りテスト」など、英語のリスニング同様に音声の要点をメモに取りながら解答するというものです。知識のみでは対応できず、思考力や論理力を問う問題が多いです。
  • 過去には私立大学二次試験の問題を改題したものが出題されたこともあり、理科・社会は知識だけで得点できる問題が少ないため、関東地区の最難関校の過去問対策も有用です。
  • なお、正答率の低い難問を一問目に出して、そこで時間を費やして結局解くことができずに失敗する生徒の足切りを行うような出題をすることも過去にはありましたので、試験最初に問題の全体を見渡して、時間配分と解答順序や捨てる問題と確実に得点できる問題を考えられるような生徒を獲りたいのだと思います。

  • 東洋経済オンラインによる「医学部進学に強い高校」ランキングTOP100」では全国5位という成績であり、2019年は東京大学50名(全国10位)、京都大学11名、九州大学医学部医学科25名と目覚ましい合格実績を上げ、全国的にも注目される学校です。
  • 九州新幹線の開通によって、熊本県や鹿児島県から通学している生徒もいます。女子生徒は久留米市内にご家族で転居されて通学している場合もあるようです。一方で福岡県内であっても、例えば、成績が下降気味の場合は保護者の希望で入寮させることができます(入寮した場合は毎日義務学習が課されるため)。

ラ・サール中学校

ラ・サール中学校の入試日
リンク先:ラ・サール中学校

四谷大塚80偏差値 63

みんなの中学校情報掲載偏差値 61

シリタス掲載偏差値 66

受験会場 

ラ・サール中学校

募集定員 

160名(入寮定員120名)

合格発表 

1月28日(火)(当日レタックスにより通知)

入寮可

  • 一部屋8人(他学年との共同部屋)
  • 学園寮の自習室が充実
ラ・サール中学校の寮の自習室
リンク先:ラ・サール学園同窓会

 

特記事項

  • 九州エリア最難関校(昨今は久留米大学附設が九州最難関校という呼び声も高い)として九州を代表する名門校です。毎年東大合格者が40名を超え(2015年、2019年に九州地区トップを久留米大附設高校に譲った)、東洋経済オンラインによる「超難関大への現役合格に強い高校トップ100」では全国9位、「医学部進学に強い高校」ランキングTOP100」では全国2位を誇ります。毎年150名近くが医学部医学科へ進学するというデータもあり、学年のうち、7割以上の生徒が医学部志望です
  • ただし、中学受験の問題傾向は難問ばかりということはなく、大手進学塾において過去問対策を行っていれば合格は難しくないレベルですが、国語は記述問題が多く、いわゆる受験テクニックだけでは対応できません。読解力や思考力が試されます。算数は手書きで出題される全国的にも珍しい試験です。
  • ラ・サール中学校の場合は、九州以外のエリアからの受験生が多いのが特徴です。関東をはじめ、中国・四国・近畿エリアから進学する生徒が多数おり、九州以外の大手進学塾から大型バス等で受験会場に集まります。九州で本州や関東から受験生が来る学校は同校くらいでしょう。
  • 中学校全体で約100名以上が九州エリア以外です。これはかつてラ・サール中学校が東大合格者を100名以上(全国2位)輩出していたときの栄華を知っている親世代の影響や父親が卒業生という点も大いに影響していると考えます。
  • 以前の勢いはないものの、今でも九州以外の大学へ進学したときも、社会に出た際にも「ラ・サール」のネームバリューは全国で役に立つことは間違いないでしょう。
  • ラ・サールの伝統的な体育祭は非常に熱があります。白熱した体育祭は見ごたえ十分でわが子の成長を見るために年に一度、遠方から親御さんやご家族が一堂に応援に駆け付ける一大イベントです。生徒主体の運営で非常に盛り上がり「男子校」の熱気を感じさせてくれます。
  • 願書の特徴として「志望動機」を記入する欄があります。書き方は決まっていないと思いますが、受験生であるお子さんが自筆で書くのが望ましいです。校長が一枚ずつ目を通しているそうです。
  • 学園寮での義務自習(平日・休日:午後7時15分~午後10時45分、休憩30分)が決められており、携帯電話の持ち込み不可なので、勉学に励まざるを得ない環境が待っています。

最後に

2019年は久留米大学附設中学校とラ・サール中学校の入試日が同日となりました。したがって、両校の繰り上げ合格・追加合格は非常に狭き門になるか、ほとんど可能性が無いと考えていた方がよいかもしれません。厳しい戦いになることは必至ですから、最後の最後まで一点でも多く積み上げられるように頑張っていただきたいと思います。

入試日程カテゴリの最新記事